205 「コレだよね!これ」│東映Vモバイル(あのテーマ)
menu 東映Vモバイル(あのテーマ) ロゴ

モバイル・ノマドの「明日はどっちだ」

9月

22

コレだよね!これ


投稿者:音楽P安藤
2014-09-22

元々、SONYというメーカーは、尖ったこと大好きというのが専売特許だった。と、筆者世代は勝手に定義しているのだが、最近は、どうも保守的というか、面白くない製品が多かった(失礼してます)気がする。「変わっていても、尖っていない」と言えば通じるでしょうかね。
で、問題の製品だが、ドイツで開催されたIFAで発表された、「ILCE-QX1」と「DSC-QX30」だ。(^^♪

同一コンセプトとして、昨年9月にレンズスタイルカメラとして、「サイバーショットDSC-QX100」と「サイバーショットDSC- QX10」が発売されているので、カメラ好き、デジタルガジェット好きの読者の方はチェックされているかもしれない。あれの最新バージョンである。
型番からも推察できるように、「DSC-QX30」はQX10の兄弟機?のコンセプトらしく、違うのは、光学ズームの倍率が10倍から30倍に上がっている点だろう。これで、売れ筋超望遠系コンデジが完全にライバルになったわけだ。
(それも焦点距離が24-720mm相当とのこと。24mmからというのが、ちゃんとしたカメラメーカーでもあるSONYのマーケティングの正しさだろう)

という事で、お待たせしました。今回の尖りキングは、もうひとつの機種「ILCE-QX1」だ。何と、APS-Cサイズの撮像素子を搭載した撮影ユニットなのだ。つまり、レンズがないのである。で、本来レンズが有る正面には、ポッカリ穴が開いていて、そこにSONYの一眼デジカメ用レンズである Eマウントレンズを装着できるようになっている(^^♪!!!
そう、Eマウントを搭載したAPS-C撮影ユニットを商品化しちゃったのである。
似たようなというか、ユニットとしては同一コンセプトの製品として、尖りでは負けないRICOHのGXRというデジカメでライカのMマウントレンズを装着できるユニットを発売していたが、あちらは、本体デジカメ。なので、それ以上でも以下でもない、マニアには超受けたけどふつーの人にはスルーされてましたね。今でも欲しいカメラだけど既にディスコン。
で、やっと、当該コラムで紹介する理由(いや、全然関係ないことも書いてますけど、いつも)であるが、こちらさんは、スマートフォンに装着することを前提とした製品なのである\(^o^)/

えっと、どうなるかというと、あなたのスマフォ(多分、新しめのXperiaが相性いいはず)に、この「ILCE-QX1」を装着すると、デジタル1眼用の超スゴイレンズを使って撮影ができるわけだ。それに撮像素子はAPS-C(プロも使っているデジタル一眼レフの撮像素子サイズ)!いや、これ、スゴイと思います。久々に。
一応、日藝写真学科卒の筆者としては、カメラとしてのバランスとかね?ほら、構えた時の。とか、操作性とか、って、普段から気にかけているわけですよ。ところが、そんな、情感的想いなんて、すっ飛ばしてますからね。この商品は。

多分、一応、iPhoneでも使えるのだろうが、Android、特に同社のXperiaシリーズとの相性が良いはず。これですよこれ。
日頃から、iPhoneのカメラに代表される、スマフォのカメラ人気の正当性を力説していた筆者としては、感慨深いものがある。
写真がアナログカメラからデジタルカメラになって、「撮影する」という事で言うと、レンズ、撮像素子(昔のフィルム)の他に、画像処理関連のデジタル技術の存在感というか重要性が日毎に増しているのである。この話をし出すと、当コラム数回分は潰れるので、後日に回すが、この「画像処理」に関して、単なるカメラが最新のスマートフォンに勝てる理由が無い!というのが、筆者の主張だ。(もちろん例外もありますけど)
まして、ネットワークと常時接続が前提のスマートフォン。今のデジカメもWi-Fiとか搭載し始めているけれど、もう、そのポテンシャルから言ってもぶち抜きなわけだ。

まあ、FUJIFILMのXシリーズ購入貯金を始めている筆者が入手することは、まず無いだろうが、このシステムが物好きオヤジにウケて、システム(ソフトも含めて)ブレイクすることを願ってやまない。少なくとも、SONYのαEシリーズのユーザー様は、着目していないと、きっと後悔します(多分)。
正直、もし、筆者がアンドロイドユーザーだったら、この、ユニットだけのために、カメラをSONYに変えちゃおう!くらいのインパクトではある。


という事で、この一曲  少年時代 / 井上陽水

■東映ビデオ公式サイト紹介

東映Vモバイル(あのテーマ)(スマートフォン)
東映Vモバイル(あのテーマ)(フィーチャーフォン)

【URL】https://m.toei-video.co.jp/

映画・アニメ・アイドル・パチンコ・パチスロの音楽のほか、スマートフォンでは東映Vシネマなど動画コンテンツも充実した携帯キャリア公式サイトです。
【スマートフォン・対応携帯キャリア】
■docomo■au■softbank
【フィーチャーフォン・対応携帯キャリア】
■docomo■au■softbank

東映ビデオオンラインショップ(PC・スマートフォン・フィーチャーフォン)

【URL】http://shop.toei-video.co.jp/

Blu-ray & DVD購入サイト。会員登録なしでも購入いただけます。登録するとポイント利用等の特典あり!!
ポイントクラブで非売品・オリジナルグッズをGET! 詳細はこちら

©TOEI VIDEO CO.,Ltd.