206 「お約束の賛否両論」│東映Vモバイル(あのテーマ)
menu 東映Vモバイル(あのテーマ) ロゴ

モバイル・ノマドの「明日はどっちだ」

9月

22

お約束の賛否両論


投稿者:音楽P安藤
2014-09-22

発表されました。iPhone6とiPhone6Plus。ネット上では、賛否両論の嵐だが、端末そのものについては想定内というか、正常進化だと思う。とは言え、やっぱり、凄い端末であることに間違いはなく、筆者の場合、これから14ヶ月位「いいなあ〜〜」と横目で見ながらの生活を強いられること必須ではある。
で、やっぱり、最近のAppleの場合、端末よりもOSだ。特に今度のiOS8と新iCloudの連携は、マジヤバそう。詳しくは、Apple の公式ホームページを見ていただくのが早いのだが、一言で言えば、「箱庭生活極まれリ」という感じだ。これに同時発表され、15年発売予定の AppleWatchを加えて、身の回りの物を家族所有も含めて、全てアップル製品で統一すれば、隣の芝生の(AndroidやWindowsの)色くらいは気になるかもしれないが、気がつけば林檎印の高い壁で覆われて、そんな気も失せてしまうほどの「人類林檎箱庭計画発動」という感じである。

そんな、計画に抵抗してやる気持ちがないわけではないのだが、如何せん、楽ちんな状況は人を堕落させるわけで、何よりもiPhotoに収められている、過去5年分のプリンセスの記録を考えると、「まぁいっか」と林檎生活を続けていくであろう筆者ではある。

それにしても筆者の周りで話題なのは、国内Apple Storeで手に入るSIMフリー端末の値段と製品仕様(シリーズ設定か?)だ。
まず、米国本国に比較して高い。との印象を持っている人が多い。
まあ、彼の地で発表されている価格は、俗に言うキャリア2年縛り契約での価格であることを見逃しているらしい。 筆者も前の端末である4Sはニコニコ現金一括で購入したので、確か7万強支払った記憶がある。そもそも、あの驚愕スペックの端末が安いはずもなく、尚且つ、今回の6は、何気に、各国のLTE仕様にかなり対応しているらしい。そりゃ、安い理由がないのである。
ただ、今まで一番の売れ線であった32GBがラインナップから欠落しているのは???ではある。そう言う筆者は、ずっと64GBだったりするので、まあ、32GBがラインナップから外れても困りはしないのだが、16GBの次が64GBというのは、いかがなものか?という意見には大いに賛成だ。

前述のAppleWatchだが、愛用のGrandSeikoぞっこん惚れぬいている筆者が購入する確立は、限りなくゼロに近いので本当はスルーしたいのだが、あのリューズを残したデザインにはヤラレタ。「デジタルとアナログの交差点」と言ったら言い過ぎかも知れないが、全てをタッチパネルにすることが正義ではないことを、アイブさんは知っている、忘れないでいてくれていると思うだけで、嬉しく思うのだ。 こちらも、ネット上では賛否両論渦巻くのだろうが、「実際に使い出したら、ちょっと高かったけど意外といいんだよね。たまに付けてないと不便っていうか、何だか自分が弱くなった感じ」何ていう、ケータイ黎明期のような感想が聞こえてくる予感を持っている。
正直、日本人の感覚からすると、ちょっと、今のデザインは、オフの時は良いけれどオンで使うには。。。って感じですけど。

あっ、この時計、まさかの非防水!?

それでも、Appleから離れられない、あなたに私に

やっぱ好きやねん / やしきたかじん

■東映ビデオ公式サイト紹介

東映Vモバイル(あのテーマ)(スマートフォン)
東映Vモバイル(あのテーマ)(フィーチャーフォン)

【URL】https://m.toei-video.co.jp/

映画・アニメ・アイドル・パチンコ・パチスロの音楽のほか、スマートフォンでは東映Vシネマなど動画コンテンツも充実した携帯キャリア公式サイトです。
【スマートフォン・対応携帯キャリア】
■docomo■au■softbank
【フィーチャーフォン・対応携帯キャリア】
■docomo■au■softbank

東映ビデオオンラインショップ(PC・スマートフォン・フィーチャーフォン)

【URL】http://shop.toei-video.co.jp/

Blu-ray & DVD購入サイト。会員登録なしでも購入いただけます。登録するとポイント利用等の特典あり!!
ポイントクラブで非売品・オリジナルグッズをGET! 詳細はこちら

©TOEI VIDEO CO.,Ltd.